ブライダルフェアで時間を無駄にしないコツは?

一応予約を入れましょう

デートを兼ねてブライダルフェアに行くカップルも多いですが、事前にちゃんと予約を入れておくのがおすすめです。結婚式場の方も、ブライダルフェアに参加するカップルの人数を正確に把握できた方が、試食用の料理を必要な分だけ用意することができます。ウエディングプランナーなどのスタッフを配置する為にも、参加者の人数は必要な情報ですよね。後悔しないためにも、複数の結婚式場を見学するカップルの方が多いでしょうし、式場側も自他のブライダルフェアに行っていることを前提に考えています。ですから、ブライダルプランナーに質問する時に、他の式場と比較した質問をぶつけてもいいんですよ。特に見積りに関することで気になることがあるなら、他の式場を例に出して質問してみてもいいでしょう。服装は男性ならジャケット、女性ならワンピースなど、カジュアルになりすぎない服装がいいですね。

どれくらいブライダルフェアで過ごす?

そのブライダルフェアの充実度や、フェアに参加した目的などでも滞在時間は大きく異なります。披露宴で提供されるコース料理やデザートの試食をしたり、プランナーに相談して見積りを出してもらう場合は、大体四時間くらいはかかると思っておいた方がいいでしょう。ブライダルフェアでは、模擬挙式でシミュレーションできたり、ウエディングドレスの試着などもできますから、その式場の隅々まで知り尽くそうとするともっと時間がかかるかもしれません。人気のある式場だと、ブライダルフェアの予約をするだけでもかなり大変なので、納得いくまで見学してくださいね。

京都の結婚式場は、結婚式専門の式場や、神社、教会、ホテルにおいても京都らしさを強調した会場が多いです。京都市内にあるお城では女性のお姫様願望を満たす、十二単を着ての結婚式も挙げられます。